安全管理について 入塾案内

生徒の皆さんの安全管理について

昨今、小中学生の生命にかかわる凶悪な事件が続いております。また、東海地震などの自然災害の発生も懸念されております。当塾といたしましては、大切な塾生のみなさんが、悲惨な事故や事件に巻き込まれないよう、物心両面からさまざまな対策を講じております。

その内容については、防犯上の理由からすべてを公開することはできませんが、保護者の皆様のご心配に配慮し、許される範囲でご紹介致します。

もくじ

  1. 毎日、危機管理のチェックを行っています。
  2. 職員による校舎周辺の見まわりを徹底しています。
  3. 社員への安全教育を徹底しています。
  4. 専任講師(正社員)は普通救命講習を受講しています。
  5. ご家庭とのコミュニケーションを大切にしています。
  6. 校舎管理・出欠早退管理を徹底しています。
  7. 各種マニュアル、通達により安全管理を徹底しています。
  8. 設備面での安全対策の充実を図っています。
  9. その他

1.毎日、危機管理のチェックを行っています。

  1. 当塾規定の危機管理チェックリストにより、全校舎の危機管理体制を毎日チェックしています。
  2. 設備機器の不備により不慮の事故が起きないよう、所定の校舎管理チェックリストにより毎日チェックを行っています。

2.職員による校舎周辺の見まわりを徹底しています。

交通安全、交通整理をかねて、職員による校舎周辺の見まわりを行っています。

3.職員への教育を徹底しています。

大切なお子様をお預かりする者として、講師としての指導技量はもちろん、高い倫理観を持ち合わせた人を育成するため、一斉指導を担当する専任講師(正社員)はもちろん、チューター、個別指導の非常勤講師(主に学生講師)にも日頃からさまざまな研修を実施しています。

  1. 職員の採用にあたっては、学力・指導力だけでなく、倫理観を重視した選考を心がけています。
  2. 入社前研修、採用時研修(講師としての心構え、講師としての倫理教育、授業研修など)
  3. 毎週の全体研修(塾長による全社員研修)
  4. コーチング研修(生徒から信頼される講師になるため外部専門講師によるコーチング研修を受講)
  5. 接遇応対研修(社会人としての一般常識として外部専門講師による接遇応対研修を受講)
  6. 地区研修(ほぼ毎日、地区本部で講師技量を高めるための研修を実施)
  7. 毎日、授業前の校舎内ミーティングで注意事項の確認・徹底を行います。

4.専任講師(正社員)は普通救命講習を受講しています。

万一の場合に備え救急車が到着するまでの時間に、適切な応急手当ができるよう専任講師は、消防署で実施される救命講習を受講しています。

5.ご家庭とのコミュニケーションを大切にしています。

年間数回にわたり定期的に個人懇談を実施しています。塾内でのお子様の様子や学力についてお伝えするとともに、ご家庭での様子やご要望をお聞きし、一人ひとりに合わせたきめの細かい指導を心がけています。お子様のことをよく理解することが安全対策の上でも重要なことだと考えます。

6.校舎管理・出欠早退管理を徹底しています。

  1. 「Nカード(ICカード)」で入退出を管理。保護者の方の携帯へに入退出時刻をお知らせしています。
  2. 授業日は必ず専任講師(正社員)が出社して、校舎管理にあたります。
  3. 受付担当者をおき、専任講師が授業中でも十分な連絡・対応がとれます。
  4. 塾生のみなさんの出欠・早退については、徹底してチェック・管理しております。

7.各種マニュアル、通達により安全管理を徹底しています。

世間での様々な事故や事件が起きるたびに、対策を考え、本部から通達を出し注意点を指示しています。また、大雨、台風、大雪などの自然災害時には、経験豊富な職員が本社から各校舎に指示を出し、生徒のみなさんの安全を第一に考えた対応をとっています。さらに、地震の際の避難方法をマニュアル化し被害を最小限にとどめるよう努めています。

8.設備面での安全対策の充実を図っています。

  1. 非常時に危険を知らせるため全校舎に非常ベルを設置しています。
  2. 不審者の侵入に備え、インターホンを設置しています。(順次全校舎に設置予定)
  3. 一部の校舎ではスクールバスを運行し、行き帰りの安全に配慮しています。

9.その他

当塾におきましては、今後も塾生のみなさんの安全を第一に考えた運営を心がけて参る所存でございます。保護者のみなさまも、ご意見ご要望がございましたら、当塾までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

平成17年12月