2018年度 大学入試日程 合格実績・入試情報

平成30年度 国公立・私立・短期大学入試日程

schedule university 01 2

大学入試センター試験とは

国公立大学を希望する受験生は必ず受験しなければならないテストです。全国同一日程・同一問題で行います。
このテストの得点が各受験生の持ち点となって、次に各大学が行う二次試験に臨むことになります。ですから、大学入試センター試験で高得点をとればとるほど、合格の可能性が高くなります。
大学入試センター試験は奇問や難問はなく、平均点がほとんどの教科で60点前後になっています。ただし、5教科(英語・数学・国語・理科・社会)全てを受験する必要があり、教科数が多いので受験生にとっては早くからの受験準備が必要となります。

私立大学・センター試験利用入試とは

ほとんどの私立大学でも、大学入試センター試験を取り入れています。これは「センター試験利用入試」と呼ばれています。
各私立大学の指定するセンター試験の教科を受験し、希望の私立大学にセンター試験利用入試の願書を出します。
すると、センター試験の得点で私立大学が合格を決めるという仕組みです。特に私立大学の一般試験を受験する必要がないので国公立大学を受験する受験生には人気がありますが、希望者が多く高倍率になるので、合格点が非常に高くなります。

平成30年度 私立大学入試日程(一部大学の学部を抜粋)

schedule university 02

全学統一とは

全学部で同一日に同一問題で行う入学試験のこと。全学統一のない大学もある。願書には希望の学部学科を書いて出願する。大学によっては、複数の学部へ出願することもできる。

学部個別とは

大学の各学部が行う入学試験のこと。日程が異なれば、いくつもの学部が受験できる。