IMCCD 高山さんからの手紙 #20

野田塾では、「未来にはばたく人材の育成をめざして」という指導理念の下、塾生の皆さんに広い視野を持っていただくために、地雷処理専門家の高山良二さんの活動を支援しています。

 今回は、カンボジアの気候や生活、時間の違いについて紹介してくれました。高山さんからの手紙をWEB上でみなさまにもお伝えします。

幸せとは何か、を見つめなおす。

最も暑いと気温が50度くらいに

元気な笑顔があれば暑さなんて吹っ飛びます

野田塾のみなさん、お元気ですか。日本には四季があるおかげで、それぞれの季節を楽しむことができますね。カンボジアでは日本のような四季はありませんが、熱帯に位置し、年間を通じて豊かな太陽の恵みを受けています。最高気温は50度くらい、最低気温は14度くらい、年平均気温は27度です。湿度は夜90%以上、昼間は80%。季節は雨季と乾季に分かれ、雨期が4月頃から10月頃まで、乾期は11月頃から3月頃です。12月と1月が最も涼しく、最も暑いのは4月で気温が50度くらいまで上がることもあります。厳しい暑さと高い湿度ですが、体感はそれほどでもないです。私の住む家は、村人から借りている高床式の木造で、2階が私の部屋。朝方は比較的涼しいのですが、午前10時以降は汗で気持ちが悪いくらいになるので、階下の溜池まで行き、水をザブザブかけます。そんなことを繰り返しながらこの原稿を書いています。日本では暑い夏は半袖が普通ですが、カンボジアは38度でも長袖の人が多いです。極度に暑いため、素肌に直射日光を当てない方が涼しく感じるのかもしれません。

雨水を飲み、電気を買う生活

カンボジアに限らず、水は人が生きていくうえで大切なものです。プノンペンなど都市部には水道が来ています。しかし、農村部では水道はなく、川や池、手掘りの井戸水を生活用水、雨水を飲料水として使っています。機械で掘った手押しポンプの井戸も少しずつ増えてきましたが、まだまだ足りていません。雨水はきれいな水という意識が強く、井戸水は沸かせば飲みますが、そのまま飲むことはありません。農村部は朝が早く、薄暗いうちから畑仕事に行きます。午後は暑いので少し早めに畑仕事を切り上げ、明るいうちに夕飯を作ります。農村部では、薪を燃料にしてご飯を炊いたり料理を作ったりします。私の居る地域では、6つの村のうち3つの村には電気が来ていません。この辺はタイとの国境地帯ですから、タイから電気を買っています。

夕飯は明るいうちから

時間に追われないことの幸せ

村には年間100名くらいの日本人が訪れます

地雷処理チームも朝6時には宿舎に集まり、宿舎の庭掃除をした後、朝食には持参した弁当を食べます。その後、車で地雷原に行き、11時30分まで地雷探知作業をします。11時30分から12時30分までがお昼休み。そこで残りの弁当を食べます。15時までに宿舎に帰り解散。日本人では、普通15時に仕事が終わることはないので、初めはこのカンボジア時間に慣れませんでした。このように日本とカンボジアでは、微妙に生活習慣が違うので、郷に入れば郷に従うとの考えで、柔軟に対応しながら生活しています。村の生活は、本当にのんびりしていて、幸せだなあと実感します。夕方には、村の子供たちが宿舎に来て、日本語やパソコンを勉強しています。

年間に100名くらいの日本の方、特に大学生、最近では高校生も来るようになりました。そして、時間に追われて過ごす忙しい日本の生活と比べ、「人の幸せとは何か」「豊かさとは何か」について、殆どの訪問者が、そこに疑問や、問題意識を持たれます。是非、皆さんもこの村に来て自分を見つめ直してみませんか。

高山良二さんのプロフィール

1947年生まれ、愛媛県出身。
NPO法人/国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)理事長兼現地代表の地雷処理専門家。自衛官として36年間勤務し、その間、施設処理部隊(地雷等に携わる部隊)で訓練する。自衛官として「カンボジアPKO」に参加。定年退官後に「日本地雷処理を支援する会(JMAS)」に参加。2010年にJMASを退官し、その後IMCCDを設立。現在、カンボジア政府機関のCMACと地雷処理の共同事業をおこなっている。

IMCCDの高山良二さん
IMCCDのロゴ

IMCCDとは、 カンボジア政府機関のCMAC(カンボジア地雷対策センター)と共同して、住民による地雷処理活動および自立可能な地域の復興を支援し、相互の友好交流を促進することで平和構築の理念を内外に広げることを目的とした団体です。 活動を支援する野田塾には、カンボジアのタサエンコミューンで活躍する、地雷処理専門家の高山良二さんから、近況報告をいただいております。