第5回 読書コンクール イベント

この夏も、小学部塾生のみなさんに、より良い読書を楽しくすすめてもらうための、第5回『読書コンクール』を開催しました。今回は、野田塾がすすめる6冊のうち、1冊を読んで読書感想文か、読書画にあらわす形でおこないました。

最優秀賞を選び、トロフィーと副賞を進呈

応募作品は、野田塾各校舎でポスターとなって展示されました。その多くの作品のうち、読書感想文部門では、浄心校4年・Aさんの「風をおいかけて、海へ!」、読書画部門では、三好丘校6年・Bくんの「すみ鬼にげた」が、それぞれ最優秀賞に選ばれ、受賞をたたえるとともにトロフィーと副賞を進呈しました。

各校で選ばれた優秀作も、校長賞として表彰

Aさんの感想文は、その本がどんな作品で、自分がどう思い、どう考えるようになったかが、丁寧にきちんと書かれており、Bくんの読書画は、自分が文章から受けた感覚を鮮やかな映像として、とてもうまく表現されていました。Aさん、Bくん以外にも、各校で選ばれた優秀作を校長賞として表彰するとともに、副賞を進呈しました。私たちが本から学ぶことはたくさんあります。これからもみなさんに良い本を読んでもらえるよう、このコンクールを盛り上げていきたいと思っています。小学部のみなさんがたくさん参加してくれることを期待しています。

浄心校 Aさんの読書感想文

book 5 1

book 5s