野田塾の感染症対策と授業について

新型コロナウイルス感染の拡大に伴う対応について

野田塾では従来より、季節性インフルエンザ対策として、教室への空気清浄機の配置などの対策で、塾生のみなさんの健康管理に留意してまいりました。今回あらためて、野田塾の新型コロナウイルス感染症を含む感染症対策および、今後の授業についてご案内いたします。

 

今後の授業について

  • 小学部・中学部・高校部・個別指導部・個別指導部・アカデミア・幼児教室は教室での授業に戻ります。
  • 授業形態を変更する場合は、事前にお知らせいたします。

  

野田塾の感染症対策

すでに実施済みの対策を含め、今後も以下のように一層の注意をはらって授業を行います。

  • 各教室に空気清浄機を設置しています。
  • ドアノブなど、手で触れる部分は専用の薬剤で除菌コートをしています。
  • 入室時に備え付けの消毒薬で手指の消毒をお願いしています。
  • 入室に際しては、マスクの着用をお願いしています。
  • 教室内では休憩中も静かに過ごすことを指導しています。
  • 発熱や咳などのカゼの症状がある場合は、通塾をお控えいただきます。
  • 教師は発熱・咳の症状の有無を毎日確認し、症状がある場合は授業担当を変更します。
  • 教師はマスク・フェイスシールドを着用して授業を行います。
  • 教室では座席の間隔を空けて授業を行います。

 

ご心配やご不明の点は、お通いの校舎の校長へお尋ねください。