野田塾の感染症対策

202008 sc2 top

野田塾の感染症対策と授業について

野田塾では新型コロナウイルス感染症の流行以前より、季節性インフルエンザ等への対策のために、様々な感染症対策を実施してまいりました。この度の新型コロナウイルス感染症の流行に際して、改めて野田塾の感染症対策をお知らせします。以下のような感染症対策をとったうえで、全校舎・全コースで授業を実施しています。

 

   

野田塾の感染症対策

r arrowフェイスシールド等の装着
教師は飛沫感染防止のため、マスクやフェイスシールドを装着して授業を行っています。

r arrow消毒薬の設置
校舎玄関、フロア入り口に消毒薬を設置し、手指の消毒をお願いしています。

r arrow受付窓口でも対策を実施
校舎の受付窓口でも、飛沫対策をとっています。

r arrowドアノブ等には除菌コート
ドアノブなど人がよく触れる場所には抗菌コートを施しています。

r arrow教室内に空気清浄機を設置
各教室の中には空気清浄機を設置し、これまでも感染症や花粉症対策を実施してきました。

r arrowその他さまざまな対策を実施

  • 入室に際しては、マスクの着用をお願いしています。
  • 教室内では休憩中も静かに過ごすことを指導しています。
  • 発熱や咳などのカゼの症状がある場合は、通塾をお控えいただきます。
  • 教師は発熱・咳の症状の有無を毎日確認し、症状がある場合は授業担当を変更します。
  • 教室では座席の間隔を空けて授業を行います。
  • 校舎内では定期的に窓を開けて換気を行っています。